北紀人のひとり言

hokkininn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 30日

お正月の準備/おせち料理

・お正月は、それぞれの家に年神様をお迎えして、幸福を授けていただく行事といわれてきた。
この年神様にお供えする料理がおせち料理。
お供えしたおせち料理は家族揃っていただき、1年間の幸せと健康を祈るのだ・・・という。

↓ まずは春に採って保存しておいたワラビ、フキ、竹の子は煮物に使うので塩抜きを・・・。
b0186551_21353262.jpg


↓ 12月29日、30日に作り終わった我が家のおせち料理。中央のサケの飯寿司は本日の頂き物。
b0186551_21392890.jpg

・作り終わったのは、栗きんとん、黒豆、田作り、紅白なます、豚の角煮、八幡巻き、山菜の煮付け、うま煮(1)(2)、きんぴらごぼう。
・31日は、刺身類、数の子、いくら、毛がに、たらばがに、海老、昆布巻き、かまぼこ、茶碗蒸し、ホッキのフライなどを加える。

ひとり言
・大掃除、神棚のお供え、しめ飾りの準備も何とか完了した。また銭湯で身体のアカも落としてさっぱりした。
・北海道の文化は、本州各地から寄り集まって形成されたごちゃ混ぜの文化で、おせち料理にも定番はない。
これら文化の伝承はいつまで続くことやら・・・。
[PR]

by hokkininn | 2009-12-30 21:39 |


<< 今年もお世話になりました/おせち料理      頂き物(3) >>