北紀人のひとり言

hokkininn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 09日

’12 大根の粕漬け

 大根の粕漬けは、大根干し(10月25日)→下漬け(11月01日)→本漬け(11月08日)のプロセスがある。

↓ 11月01日 大根を干してから7日目で下漬けをする。
・下漬けは干し終えた大根を並べ、ただ塩を振りかけて重石を載せて放置するだけ。大根は30本(半割で60本)に対し塩は500g使用。
b0186551_2018485.jpg

↓ 11月08日 下漬けをしてから7日目で容器から取り出し、キッチンペーパで一本一本丁寧に水気を取り除く。
b0186551_20251573.jpg

b0186551_20273855.gif

↓ 本漬けの材料は大根30本(半割で60本)に対し、酒粕6kg、味噌1.5kg、砂糖(ザラメ)1.7kgで、大きな器でよく練り混ぜる。
b0186551_20384926.jpg

b0186551_2040431.gif

↓ 大根をひと並べしたら、練り混ぜた材料を手でなでるように塗り付ける。この手順を何層も繰り返す。
・最後は、漬物袋を閉じて蓋をして重石を載せる。今回は6kgの重石を載せた。
b0186551_2046306.jpg


ひとり言
例年通りに材料を練り混ぜて用意したのだが途中で不足し、あわててスーパーに買いに走った。
これは今年の大根が大きかったためで、結果的に、酒粕、味噌、砂糖の量は例年の5割増しとなってしまった。

・手作りの漬物は、手間・暇がかかるだけあって価値がある。よく味わって食べなくては~
[PR]

by hokkininn | 2012-11-09 21:25 |


<< 晩秋      ’12 大根の玄米漬け >>