北紀人のひとり言

hokkininn.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

かぼちゃ団子

↓ 昔風のかぼちゃ団子。懐かしいおふくろの味がする。
b0186551_111732.jpg

手順
・かぼちゃ団子の一般的なレシピはここを参照。今回は画像①~⑤を参照。
・留意点は③の片栗粉を入れるタイミングは、人肌の温度まで冷めた時点で。


ひとり言
・これを食べるたびに幼少時代の食糧難を思い出す。何もかも不足していていつも腹ぺこだった。
・時が流れて飽食の時代。
また食糧難が到来するのか?そのときの対応は?たかが「かぼちゃ団子」されど「かぼちゃ団子」。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-31 14:31 |
2009年 10月 30日

’09 大根の玄米漬け

↓ 10月30日 大根を干すこと6日間経過。しんなりしてきたので漬け込みを行う。
b0186551_2137194.jpg

・大根玄米漬けの一般的なレシピはここの下段を参照
レシピの中でSTVラジオの河村通夫さんは「たくあんの10倍うまい!」とコメントしている。

材料
今回使った材料は次の通りである。師匠は20数年来の経験からその都度調整していると言う。
・大根 ・・・30本  干した大根の葉・・・10本分(大根のすき間を埋める)
・玄米 ・・・2kg
・こうじ ・・・1kg
・ザラメ ・・・1.3kg
・ 塩  ・・・800g

ひとり言
・ポイントは玄米を炊飯器で炊いて、人肌に冷ましてから材料を混ぜ合わせて漬けるがコツ。
人肌温度は大根に玄米の味が浸みるようにすること、及びこうじ菌に配慮するため・・・と言う。

・出来上がりまで約40日~50日。漬物の中では玄米漬けが一番好きなので待ち遠しい。016.gif
[PR]

by hokkininn | 2009-10-30 21:30 |
2009年 10月 29日

北大キャンパスを散策

↓ 10月28日 朝から北大札幌キャンパスを散策。お目当てはイチョウ並木の黄葉期待。
b0186551_2272591.jpg

・JR札幌駅から北大正門までは徒歩で10分。正門でガイドマップを無料で配布している。
・ガイドマップには、キャンパスの見どころ32カ所が地図に番号付きで載っている。
・今回はガイドマップに載っている主要な箇所はほとんど回った。
・お目当てのイチョウ並木の黄葉のピークは少し先のようだ。もっと黄色くなるはず?・・・と。
・大野池では、マガモの親子が気持ちよさそうに泳いでいた。


↓ 丁度お昼時間をはさんだので、学生食堂を利用してみた。北部食堂は740席あるという。
b0186551_10563686.jpg

・学生食堂は安くて量が多く、かつ美味しいのが要求される。
・例えば↑の画像の4品について、チャーシュー麺は460円、生すし、海鮮丼、サーモン・イクラ丼は各500円。量とコストパフォーマンスは優れているようだ。
・今回は460円の味噌チャーシュー麺を食べてみた。普通の醤油ラーメンは360円だという。
チャーシューは5枚入っており、麺は中太、味はかなり濃目であり北帰人の舌にぴったりだった。
空腹もありスープも一滴残さずに飲み干したのだが、後で喉が渇いて、渇いて・・・水!水!水!自販機はどこだ。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-29 22:07 | 自然
2009年 10月 28日

’09 キュウリの粕漬け

↓ まず材料の仕入れ。行き先はM越デパートで開催されているホクレン大収穫祭会場へ。
b0186551_052177.jpg

・うわぁ~開店早々から人・人・人。このイベントは初めてだがファンの熱気にびっくり。。。
・お目当てのキュウリ塩漬けは三笠産、南幌産、道内産が出店されていた。
・昨年は三笠産を購入したが、今回は塩漬けした南幌産を4kg(約50本)購入した。


↓ キュウリ粕漬けの一般レシピである。この方法で昨年は失敗したので、塩抜きの手順を変えてみた。
b0186551_15202757.jpg

・昨年はいつものコリコリ・・・とした食感がなく、べたっ・・・とした柔らかい食感で完全に失敗であった。
・生産者に相談したら失敗の原因は塩抜きの手順にある・・・とアドバイスを受けた。
・今年は塩抜きを水に浸すのではなく、粕で包んで塩を抜く手順に変えてみた。

ひとり言
・この大収穫祭の期間中は2週間で約20万人の入場者があるという。客観的にみても品質が良い物が並び、サービス価格で提供されていることから常連が多いことがうかがわれた。
・キュウリの色を見たらあまりにも鮮やかで、着色剤を使用しているのでは? と思ったが一切使用していないという。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-28 00:52 |
2009年 10月 25日

’09 漬物用大根干し

↓ 10月24日 秋も深まり初雪は近い。冬支度の一つとして恒例の漬物用の大根を干す。
b0186551_15193178.jpg

・近くのスーパーから土付き大根を60本買ってくる。内訳は玄米漬け30本、粕漬け30本である。
・水洗い後、粕漬け用は皮を剥いて半割りに切って干す。玄米漬け用は皮を剥かずに干す。

ひとり言

・こんな面倒なことをしなくても、お金さえ出せばいつでも買える時代だ。しかし、農耕社会の文化・伝統の一つなので、これだけは後世に伝承したいと思う。
・幼少の頃の貧困時代、食卓には味噌汁と漬物をおかずにしてご飯を食べたのである。それにしても周囲を見渡せば、漬物を作る家庭が少なくなったものだ。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-25 21:49 |
2009年 10月 24日

おめでとう日本ハム

↓ がんばれ日本ハム、次は日本一を目指して!道産子の皆さん応援をヨロシク。
b0186551_13592675.jpg

日本ハムの正式名称:北海道日本ハムファイターズ
[PR]

by hokkininn | 2009-10-24 23:21 | スポーツ
2009年 10月 23日

紅葉の隠れスポット

↓ 10月22日 平岡樹芸センターに紅葉を期待し行ってみた。燃えるように色づく紅葉に満足。
b0186551_2005030.jpg

・ここは面積が2.9haと小さな公園で、周囲は住宅街で目立たなく紅葉の隠れたスポットである。
・モミジ類はヤマモミジ、ノムラモミジ、シダレモミジなど8種類で約700本位が植えられている。


↓ 約3,000本のオンコ(イチイ)が植栽されており、新芽を吹く6月頃が最も美しいという。
b0186551_161836.jpg

ひとり言
・燃えるように色づく紅葉・・・心が落ち着く緑のオンコ。ぜひマークしておきたいスポットである。
・絵になる紅葉のトンネルは、今一つ物足りない色付きだったのでカット。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-23 19:40 | 自然
2009年 10月 21日

黄葉の藻岩山

↓ 10月20日 朝からはっきりしない天気であったが藻岩山へgo!
b0186551_1642025.jpg

・登ってから間もなく、雨が降り出したが強行突破。頂上では晴れに恵まれラッキー。
・下界を眺めると、まるで札幌市内がスポットライトを照らしたように明るくはっきりと見渡せた。
・下山途中から土砂降りの雨に遭い、下着までずぶぬれになる。
・帰宅途中に銭湯に飛び込んでやっと一息ついた。冷えた体がぽかぽかと温まり、これこそ正に「極楽!極楽!」。


↓ 落ち葉を拾い上げて見るとそれぞれに違いがあり、比率は圧倒的に黄葉が多かった。
b0186551_0341385.jpg
ひとり言
・頂上の売店の外に休憩所がある。ここで山の主のような人に出会った。
あと11回登ると5,000回目の藻岩山登山になるという。この人から藻岩山のことについて色々と教わった。
・今回の登山を通じ、藻岩山はあまり紅葉が期待できない山だということを知った。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-21 21:18 | 登山
2009年 10月 19日

鍋の季節が到来/海鮮寄せ鍋

↓ 10月18日 いよいよ鍋の季節が到来。息子のリクエストに応えて寄せ鍋で・・・。
b0186551_1052652.jpg

寄せ鍋の一般的レシピの一つだが定番はない。材料などは写真を参照で作り方は省略。

ひとり言
・HPを検索すると、どれ一つとして同じレシピはない。材料はそれぞれのお好みで・・・。
・「見ていれば覚えるから」・・・と師匠から言われ、今回はお手前を見ながら解説を聞いただけ。
・今日の材料費は5人分で2,400円也。1人当たり500円弱とのこと。意外と安いのでは?
[PR]

by hokkininn | 2009-10-19 10:33 |
2009年 10月 15日

鮭のちゃんちゃん焼

↓10月14日 師匠の指導を受けながら「鮭のちゃんちゃん焼」にチャレンジ。写真①~⑤の順番
b0186551_13573452.jpg

材料
写真は大人4人分だが、一般的なレシピはここを参照
味   噌:好みの量で適当(事前にミリンを少し加えておく)
生   鮭:400g(お店で切り身で売っている物は約4切分に相当)
キャベツ :1/4個
エノキダケ:1袋
ニ    ラ:一把
モ ヤ シ :1袋
人   参 :1本
手順
①鮭は前もって塩コショウを軽く振りかけておく。ホットプレートにバターをひいて鮭を焼く。
②鮭を裏返しにして焼く。(①と②の順序はどちらでもよい)。
③鮭が焼けたら上に野菜を載せる。
④写真のようにアルミホイルをかぶせ、鮭と野菜を蒸すようにする。
⑤野菜が蒸せたら味噌を載せながらかき混ぜる。鮭は細かく砕いて野菜と混ぜる。ポイントは煮詰まってきたら味が濃くなるので、最初は味噌は少なめにして徐々に加える。
ひとり言
・意外と簡単で味も満足出来るものであった。
・野菜はピーマン、玉ねぎ、キノコなど、好みに合わせて入れればよい。量もこだわらなくてよい。
・今回の費用は約600円とのことで1人当たり150円。栄養バランスもよく男料理に適している。
[PR]

by hokkininn | 2009-10-15 14:53 |