北紀人のひとり言

hokkininn.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 29日

手作りのチャーシュー(焼豚)

↓ 自炊生活の息子が「おかぁ~食べたくなったんで買ってきた~」と、豚肉2かたまりを持参。今回は不慣れなチャーシューを・・・。
b0186551_1444125.jpg

材料・・・材料は1かたまり約400g換算とする。
・豚肉(かたまり)・・・約400g    ・ニンニク・・・1片    ・ショウガ・・・1片    ・長ネギ・・・1本
・A:   砂糖・・・大さじ1と1/2   はちみつ・・・大さじ1と1/2
・B:   日本酒・・・カップ1/3  みりん・・・カップ1/3  醤油・・・カップ1/3  コショウ・・・少々

手順・・・画像①~⑤を参照
①糸付き豚肉は水気をふきとり、Aをもみ込んで10分ほど置く。
②ニンニクとショウガは薄切りに、長ネギはぶつ切りにする。これを容器に入れBと混ぜ合わせる。
③ジッパー付きポリ袋に②を入れて①を漬け込み、口を閉じて一晩(約8時間)置く。
④天板に網を敷いて③の肉をのせ、180度のオーブンで50~60分焼く。途中③の漬け汁をはけで塗る。
⑤焼きあがったら取り出して冷まし、糸を外す。

ひとり言
・息子は味に納得した様子で、1かたまりを1回で食べ切ってしまった(すごい食欲)。
・師匠曰く「焼きすぎると肉が固くなるので加減が難しく、経験と勘が必要な一品。」とか。
・半分の1かたまりは我が家で頂いた。 食感はロースハムに似ており、楽しみながらごちそうになってま~す。012.gif
[PR]

by hokkininn | 2009-11-29 14:44 |
2009年 11月 27日

さんま蒲焼/くるくる巻き

↓ さんまシリーズ。今回は「さんま蒲焼」と「さんまくるくる巻き」。
b0186551_20245435.jpg

手順
・さんま蒲焼の参考レシピはここを参照。今回はこのレシピとほぼ同じ手順である。

・さんまくるくる巻きの参考レシピはここを参照
参考レシピとの違いは、さんま1片の長さは1/2で、⑥の油で揚げて終わり。味付けは塩胡椒だけ。
呼び方は「しそ巻き」「ロール巻き」など様々な呼び方があり、作り方もちょっとの違いで何種類もある。

ひとり言
・さんま蒲焼を丼に載せて食れば「さんま蒲焼丼」となり、大好きな一つである。
・さんまくるくる巻きは、2~3匹分は軽くお腹に入るので、カロリーのとり過ぎに注意。
[PR]

by hokkininn | 2009-11-27 20:25 |
2009年 11月 25日

料理教室(1)・・・さばの味噌煮/ほうれん草のごま和え/けんちん汁

↓ 某主催の「男性料理教室」へ参加。
成果品は「さばの味噌煮」「ほうれん草のごま和え」「けんちん汁」の3品で1人前650Kcal。
b0186551_21361099.jpg

・参加者は男性22人で、参考までに70歳以上の方が5人いたとか。
・4グループに分かれ、それぞれのグループに講師が付いて丁寧に指導してくれた。
・最初に料理の基本を全員で学んだ後、与えられた材料とレシピに基づいて各グループ毎に実践。
・料理が出来上がったら盛り付けをし、講師も一緒に全員でいただきま~す。
・食後は各人の自己紹介、料理教室に参加した動機、本日の感想・・・などをお話し。

ひとり言
・やり出したら止まらない団塊一期生・・・こりゃ、オトコ料理にハマリモードか?
・これで650kcal・・・年代別男性の1日の栄養摂取基準と照らせば、日常的にカロリーの摂り過ぎだぁ・・・。
[PR]

by hokkininn | 2009-11-25 21:36 |
2009年 11月 23日

青唐辛子佃煮

↓ 大収穫祭にも出品されていた青唐辛子佃煮。今回はこの味を再現してみた。
b0186551_9483945.jpg

手順
・ほっこり日記さんは「青唐辛子の」を使っている。レシピはここを参照
・材料は↑画像上段右の青唐辛子、醤油、砂糖、みりん、水飴。
・青唐辛子は3等分にハス切り。あとはお好みの味でコトコトと弱火で煮るだけ。
・女性・子供には、醤油は薄味で砂糖と水飴は多めに調整。

ひとり言
・昭和30年代、今は亡き父が大きな鍋一杯に作ってくれ、家族一同で食べた懐かしい味だ。
特徴は青唐辛子、赤唐辛子をごちゃ混ぜにし、切らずに1本のまま煮ていた。
がぶっとかじったら辛い種が出て、口の中で水飴の甘さとミックスし、なんとも言えない味だった。
[PR]

by hokkininn | 2009-11-23 09:48 |
2009年 11月 20日

さんま(秋刀魚)甘露煮/さつまいも天ぷら

↓ 今回は庶民の味、さんま甘露煮。
b0186551_20391458.jpg

手順
・さんま甘露煮の一般的なレシピはここを参照
・材料はさんま5匹、生しょうが1片、醤油、砂糖、酒、みりん、酢、水飴
・ただ圧力鍋でグツグツと煮るだけ。骨まで柔らかくなるので、がぶりといただきま~す。
・隠し味に水飴を少々入れる。

ひとり言
・味が浸みてなかなか美味しい。
・日本酒の肴には大根おろしを添えて。
・さんまは、一匹30円で家計にやさしい。
[PR]

by hokkininn | 2009-11-20 20:38 |
2009年 11月 18日

コメント欄の修正方法

ひとり言
ここの「ブログの初歩」にあったんだぁ・・・言われてみれば初歩の応用問題だね007.gif007.gif007.gif
クリックすれば拡大し文字が鮮明に見える。
b0186551_21535337.jpg

[PR]

by hokkininn | 2009-11-18 21:52 | パソコン
2009年 11月 16日

五目ご飯/キノコご飯

↓ 今回は五目ご飯と言うより、キノコご飯か・・・。
b0186551_21434549.jpg

手順
・五目ご飯の一般的なレシピはここを参照。今回の手順は↑画像①~⑤を参照。
・材料は米5合、鶏肉、油揚げ、にんじん、ごぼう、しいたけ、まいたけ、えのき、しめじ、ひじき
・味付け、具の量などは全て師匠の勘ピューター・・・。

ひとり言
・昔どこかで食べた駅弁?・・・釜飯?の味を思い出した。
・しいたけは、生より干した方が香りがよく、味も濃いような気がするのだが・・・。
[PR]

by hokkininn | 2009-11-16 22:01 |
2009年 11月 14日

ポテトコロッケ

↓ 今回はポテトコロッケ。師匠は姉さんかぶりで気合を入れて51個も・・・。
b0186551_20434825.jpg

手順
・ポテトコロッケの一般的なレシピはここを参照
・材料はジャガイモ、タマネギ、ニンジン、トウモロコシ。肉は入れず味付けは塩胡椒だけ。
・ジャガイモは鍋で茹でたが、電子レンジで加熱する人も多いようだ。

ひとり言
・コロッケ30個と先に漬けたキュウリ粕漬け、大根玄米漬けの一部は義姉の所へ送る。

・ジャガイモの皮むきから始まる一連の作業は、想像以上に手間がかかことを確認した。
現在はお金さえ出せば、出来上がりのコロッケや冷凍コロッケを簡単に入手できる。
家庭での手作りコロッケは、いずれは消える運命にあるのか?
[PR]

by hokkininn | 2009-11-14 21:23 |
2009年 11月 12日

リンゴバター/柿酢

 今回は、ほっこり日記さんのブログで公開された、リンゴバターと柿酢を作ってみた。

↓ リンゴバター
b0186551_17522375.jpg
 
手順
・ほっこり日記さんのリンゴバターはここを参照
・今回の手順は画像↑①~⑦を参照。
・使用した材料は、リンゴ2個、無塩バター150g、グラニュ糖100g、レモン汁少々だけ。


↓ 柿 酢
b0186551_17583010.jpg

手順
・1年後の状態はほっこり日記さんの画像を参照
・容器に入れたらただ放置しておくだけ。留意点は熟した柿を使うこと(今回は2週間放置した)。
・蓋はガーゼかサラシを使用して紐でしばると教えてもらった。

ひとり言
・ほっこり師匠、シンプルで古風なレシピを教えていただき、ありがとうございました。
[PR]

by hokkininn | 2009-11-12 18:21 |
2009年 11月 10日

こんにゃくのタラコ和え

↓ 11月8日 こんにゃくのタラコ和え&ロールキャベツで・・・。
b0186551_20521924.jpg

手順
・「こんにゃくのタラコ和え」の参考レシピはここを参照。呼び方は色々あるようだね。
ポイントは、こんにゃくとタラコをよくいって水分を切る。炒り過ぎるとまずいので加減が大切。

・「ロールキャベツ」の参考レシピはここを参照
ジャガイモ、人参を煮込んでおき、後でロールキャベツを一緒に並べて煮込むのが師匠流とか。

ひとり言
・実家では鍋に切干大根とタラコを入れ、ヘラで焦げないようにかましていたのを記憶している。
師匠の母親は「イリニ」と呼んでいたという。漢字で書くと「煎煮」か?「炒煮」か?
[PR]

by hokkininn | 2009-11-10 21:26 |